東方物語録 ~東方二次小説置場~

『堕華(おちばな)』っていう馬鹿が小説を公開してる所です。不定期でない程度に不定期。

東方初聞求史 ~麗翠九獅・リーヤ・テルース~

f:id:qaswedcxzz:20140322132940j:plain

 

 

【神殿で佇む最強の妖獣】

 

麗翠九獅・リーヤ・テルース(れいすいきゅうし)

 

 

種族・妖獣(九尾の獅子)

能力・何でも叩っ切る程度の能力、人外を集える程度の能力

危険度・低

人間友好度・高

主な活動場所・紅竜玉神殿、紅魔館、その他

テーマ曲・獣と神霊のボーダーライン ~Beast of the incomparableness~

 

 

とある不慮の事故で幻想郷に飛ばされた『紅竜玉神殿』の警備・財政担当。キングアトラス達と同じく『他の世界』に住んでいて、過去に幻想郷に来た事は無い。半分まきこまれた感があるが、本人は何とも思ってない。寧ろ嬉しく感じているようだ。『他の世界』では、『帝国』の名高い名将であり、皇室の皇帝補佐でもある。信仰を受け取る程度の神格は持ち合わせているが、力の殆どは妖獣の力である。妖獣の力は並ではなく、大概の相手は倒せれた、らしい。

既に数千年間生きており、長い期間を掛けて精錬されていった力は、本来妖獣が持つ力ではない。上級の妖怪程の力を持っている。九つのも尻尾を持つ妖獣で、狐ではなく獅子だったのは幻想郷の歴史でも初めてである。

神殿の連中もとい『帝国』と、どのような経緯で知り合い、此処までの仲に成ったかは不明である。ちなみに、リルアが畏怖対象であり、怖くてたまらない。

 

~能力・1~

 

何でも叩ッ切る程度の能力。物体のみに、愛剣を使用した上で作用する。テルースは、日本刀のような打刀を二本持っていて、この二本を使わない限りこの能力を使うことは出来ない。更に、この能力は案外雑であり、桜の舞う花弁を二つに分ける事が出来ないという。

戦闘以外では何の役にもたたないと残念がっている。

 

~能力・2~

 

人外を集える能力は、妖怪・幽霊といった、人間以外の生物を問答無用に召集する能力である。集めた後は、テルースより力が小さい者は支配できるが、同等以上であれば支配出来ない。幻想郷ではテルースと同レベルの力を持つ人外が多数居る為、大した意味を成さない。

しかし、『絶天異変』では力のある妖怪を招集させ、解決に貢献した。

 

~対処法~

 

神殿の中ではマシな部類に入るので、落ち着いて対話すれば、大概の問題は回避できる。神殿の警備担当の、神殿の中で警備にあたっているので、神殿に参拝しに行ったら会う事もあると思うが、本人の許可さえあれば神殿図書館で読書するのも可能である。

だが、怒らせると並の妖獣とは桁違いの力を持っているので、ただの人間では勝率は低い。素直に謝ろう。