東方物語録 ~東方二次小説置場~

『堕華(おちばな)』っていう馬鹿が小説を公開してる所です。不定期でない程度に不定期。

東方初聞求史 ~リーザ=ヴァルボロスト~

f:id:qaswedcxzz:20140725170424j:plain 

リーザ=ヴァルボロスト

 

 

種族:悪魔

歳:不明(未設定)

身長:不明(未設定)

能力:天雷を操る程度の能力

二つ名:【畏怖される天雷の悪魔】

危険度:極高

人間友好度:並

主な活動場所:紅竜玉神殿を中心とする幻想郷全体

テーマ曲:悪神天雷 ~The evil spirit that you must avoid~

 

 

とある不慮の事故で幻想郷に飛ばされた『紅竜玉神殿』の警備巡回担当主任。本来はキングアトラス達と同じく『他の世界』の『帝国』に住んでいて、過去に幻想郷に来た事は無い。半分まきこまれた感があるが、本人は何とも思ってない。寧ろ嬉しく感じているようだ。そうやって嬉しい楽しい毎日を、周りに迷惑をかけながら過ごしている。

『他の世界』では、『帝国』の名高い将軍であり、皇室の皇帝補佐でもあったらしい(なにしろ裏付けが無い為)。戦場で畏怖されるような行為を続けた結果、大悪魔への畏怖信仰形体が完成し、本来悪魔が持つレベルではない力を手にした。

元々は、ちょっと力があった程度の悪魔だった。が、帝国も含まれる『他の世界』全体を巻き込んだ大戦争が勃発して、その時出た負の感情を吸い込んで、格段に強くなったという。その負の感情の殆どが全知の鬼神、リルアからのもので、容姿が似ている理由はそれからである。それに合わせて畏怖信仰形態が確立されている為、リーザの力は元に比べ莫大である。

序でに、『悪魔』という種族は、『他の世界』ではある特定の地域の化け物の総称ではなく、畏怖や恐怖を糧に生き、力を増す種族の事を指している。見かけが異形だろうが人間だろうが石とかでも関係無く『悪魔』と言う。

紅竜玉神殿では、式神らを従えて参道警備にあたっている。式神の力は疎らで団結力は無く、バラバラに行動しており主任としての顔が無い。それどころか巡回を途中から止めて何処かへ放浪している。紅竜玉神殿でも指折りの問題児である。

 

~能力~

 

シンプルながら、天雷を操る程度の能力を持つ。幻想郷に来る前は、私も文書でしか確認していないが(紅竜玉神殿の歴史書を借りた)、龍神様に並ぶ程、もしくはそれ以上の雷を操れれたらしい。豪雨を一撃で蒸発させるなんて容易いだろう。

今もそれ程ではないとは言え、強力な雷を操れる。基本的には、一本の打刀で迎撃し、雷を大放出して追撃するというスタイルをとる。今も昔も鈍足だという。

剣術の腕前は高く、打刀一本を楽そうに振るうから驚きである。いや、笑顔で振るもんだから恐ろしい事この上ない。

この雷エネルギーは、紅竜玉神殿の稼働においてかなり重要な要素の一つで、一種の永久機関として電気を定期的に供給している。その規模たるや、核融合反応に匹敵するんだとか。

 

~対処法~

 

彼女は戦闘慣れをしている為、立ち振舞いだけで相手がどれだけの実力者か分かる。それで強いと判断されれば、即座に弾幕戦を希望するので、面倒だと思うなら積極的に避けよう。出来れば視界の中にも入れるのは避けたい。

出来れば、参拝時でも見たくない。出会い頭、面白半分で電撃を浴びせられる事も有り得る。迷惑この上無い。

もし戦わなければならないのなら、唯一隙だらけの時である紅竜玉神殿へ電気を供給している時を狙いたい。その時ならば、電撃も本来の半分以下までに落ちている。

だが、それでも大悪魔。天雷が使えなくても圧倒的な腕力や技術で圧倒する。正直我々人間が相手にしていい者ではない。

 

~スペルカード(確認されたもの)~

神鳴『焦土の万雷』

千咲『古千雷滝』

瞬火瞬雷』

轟雷『絶対焦土の万雷』